工務店で家造りをするデメリット

品質や保証は工務店によってさまざま

ハウスメーカーによって建築される住宅というのは厳しい品質管理やマニュアルをベースに建てられているので、どこで頼んでも一定の品質の家を建ててもらうことが出来ます。そして保証もメーカーの大元が決めているものを採用しているため、どこでも同じような保証を受けることが可能です。ハウスメーカーの家は工務店よりは高いですが、その分安定性を得ることが出来ます。いっぽう工務店の場合は個人で経営しているところがほとんどなので、建築技術が会社によって異なりますし、同じ会社であっても実際に担当する大工さんによってバラツキがあると言えるでしょう。また保証についても各工務店で違うので、事前にどこまで保証してもらえるかをしっかり確認しましょう。

施工期間がどうしても長くなる

ハウスメーカーの住宅の建築方法は、あらかじめある程度加工されている建築素材を現場に持っていき、それを組み立てていくというのが主流となっています。いっぽう工務店に依頼して家を建築する場合は従来通り現場で素材の加工をしてから組み立てていきます。つまり工務店のほうが1つ余計に工程を挟むことになるため、必然的に家を施工し始めてから完成するまでの時間はハウスメーカーと比べると工務店のほうが長くなります。またハウスメーカーは建築素材の調達から建築までがすべてマニュアル化されているため、そのほかの工程においても工務店よりスピーディーです。工務店にマイホームの建築を依頼する際はどれくらい建築期間がかかるかを聞いておき、時間的に余裕を持ったうえで建築してもらうようにしましょう。