ハウスメーカーで家造りをするメリット

一社にまとめて相談できる

家造りは、新居の計画をすればよいだけではありません。土地探しから始まって、資金計画や既存の建物の解体、登記など、さまざまなことを検討していく必要があります。ハウスメーカーに依頼する場合は、やはり実績を多く積んでいるため、担当者自体が家造りに関して、経験や知識を豊富に持っており、いろいろと相談しやすい環境になっています。そして、担当者本人がわからない場合でも、同じ会社の他の部署や、ツテのある専門業者と連携を取ることによって、解決していくことができるため、手間もとても少なくて済みます。あちこち自分で探して相談するより、窓口を一本に絞っていた方が、全体的に整合性も取りやすく、また、一から説明する必要もないため、楽に相談することができるのです。

完成形をイメージしやすい

ハウスメーカーは、住宅の建築に特化した会社のため、設計事務所や工務店に比べると、実績戸数は格段に上になります。そのため、建築途中の現場見学や、完成現場見学、そして、入居して数年経った家の見学など、さまざまな状況の家を見てまわることができます。物件数が多く、家族構成や、希望の間取りが自分たちと近い物件を探しやすいのも、嬉しいポイントの一つです。写真で施工例を見るのと、実際にその空間を体験するのとでは、イメージのしやすさが全く違います。そして何より、モデルハウスがあるため、自分たちの間取りと照らし合わせながら、完成形をイメージしやすいですよね。完成形をイメージしやすいということは、入居後、思っていたのとは違ったという後悔が生まれにくいということでもあります。