理想の家造りを成功させるための工務店選びのコツ

プロの立場でしっかり話を聞いてくれる工務店

こちらの話を頭ごなしに否定したり、機械的なヒアリングを行ってくる工務店は、避けるようにしましょう。しっかりとプロの立場に立って、こちらの話を聞き、内容をくみ取ってくれる工務店を選ぶことが大切です。これは、ただ単に、施主が話す内容をそのまま全部盛り込んでくれるのが、よい業者というわけではありません。要望をそのまま盛り込んだ家の場合は、どこかで使い勝手が悪くなったり、デザイン的にすっきりしない場合も多々あるものです。こちらの要望を挙げた際に、その要望を挙げた理由を理解し、プロの立場から的確なアドバイスや提案を行ってくれる工務店であれば、自分たちのライフスタイルに寄り添った、家造りをすることができるようになります。

自社で施工している工務店

家造りを成功させるには、自社で施工している工務店を選ぶようにしましょう。工務店の中には、建築現場での作業を下請けに任せっぱなしにしてしまうところもあります。当然、その下請け業者は、工務店専門の業者ではないので、その工事の日程に都合のつく職人が来て、作業することになります。そうなると、やはりクオリティにはバラツキも出てきます。仕事の内容だけでなく、建築現場でのマナーや、建築資材の扱いなど、様々なシーンで差が出てくるのです。また、自社施工の方が、当然ながら、その物件に対する責任感も強くなります。長年住み続ける家だからこそ、やはり施工段階のことにも気を配っておきたいものです。そのためには、自社で施工している工務店を選ぶ方が安心です。